投稿日:2023年5月6日

外壁塗装工事前に知っておこう!劣化しにくい素材の家とは

こんにちは!愛知県蒲郡市に拠点を置き、外壁塗装を手掛けております株式会社大祐塗装店です。
外壁塗装が劣化しにくい素材の家とは、どういったものなのでしょうか。
そこで今回は、外壁塗装が劣化しにくい素材の家について解説いたします。
外壁塗装をご検討中の方は、参考にしていただければ幸いです。

タイル

外壁を調査する作業員
外壁塗装が必要ない家あるいは劣化しにくい素材の家には、タイルを使用した家が該当します。
タイルとは、石や砂、粘土などを高温で焼き固めた素材です。
石や砂は自然界に存在する無機物であることから、雨や日差しに強い点が特徴です。
また傷あるいは汚れに強い面があり、劣化しにくいため基本は塗装の必要がありません。
そしてタイルの耐用年数は30年程度となっています。
ただ、タイルを接着する素材や目地に使われる素材は、タイル同様に強いというわけではありません。
目地にモルタルやセメントを用いているなら、目地の素材が水分を吸い劣化してしまいます。
タイルの塗装は必要なくても、目地の補修は必要となることは覚えておきましょう。

樹脂系サイディング

樹脂系サイディングの場合も、塗装の必要がありません。
プラスチックの一種である、塩化ビニルでつくられた外壁材が樹脂系サイディングです。
外壁サイディングには4つの種類があり、その中でも樹脂系サイディングは優れた耐水性や耐久性を持つ素材です。
耐水性が高く浸水した水分による膨張が起こりません。
水分による膨張がないことから凍結が起きないため、寒冷地において多用されています。
そして繋ぎ目のないものであれば、シーリングの補修をせずに済みます。
なお紫外線により弾力性が損なわれていくため、20年や30年でのメンテナンスが必要です。

レンガ

レンガは高温により泥や粘土を焼き固めたものであり、外壁塗装が不要です。
耐用年数は50年以上ともいわれており、タイルよりも長持ちするでしょう。
そして水を吸わないため、水分により割れる心配がありません。
また湿度の変化にも強いことから、伸縮もしないのです。
ところが、レンガそのものは劣化が少ない場合でも、目地の素材は劣化していきます。
目地にはモルタルが多く使用され、ひび割れなどの恐れがあるためメンテナンスが必要です。

大祐塗装店へご相談ください!

お問い合わせ
株式会社大祐塗装店では、外壁塗装のご相談を承っております。
弊社は蒲郡市で唯一のプレマテックス認定施工店となっておりますが、西尾市や豊橋市の方からのご相談にも対応可能です。
更に、雨漏り鑑定士の資格を持つスタッフが在籍しており、屋根塗装もお任せいただけます。
該当地域で、外壁や屋根の塗り替えを検討されている方はいらっしゃいませんか。
皆様からの多数のご相談をお待ちしております。
最後までご覧いただき誠にありがとうございました。

外壁塗装工事なら愛知県蒲郡市の『株式会社大祐塗装店』へ
株式会社大祐塗装店
〒443-0021 愛知県蒲郡市三谷町若宮223
TEL:0120-557-784 FAX:0533-67-3329


関連記事

『RADICERA PRO』の魅力に迫る!

『RADICERA PRO』の魅力に迫る…

寒の入りを迎え、日増しに冷気が深まってまいりましたね。 皆さまはいかがお過ごしでしょうか? さて、今 …

塗装前の屋根高圧洗浄

塗装前の屋根高圧洗浄

雨の中屋根の洗浄をしました 気温が低く屋根に霜が降りてて とても寒かったです。 周りに汚れた水が飛散 …

豊橋市 塗装工事

豊橋市 塗装工事

豊橋市で塗り替え工事を行ないました。 Before/After 使用した塗料は『マックスシールド15 …

お問い合わせ  採用情報